さんでー写真日記

写真・山登り・キャンプ・バイク・道具ネタが中心のフォトブログ。

 

2002年 中国上海出張


Category: その他 日常   Tags: ---
唐突ですが、ちょっと気分転換に本日は中国ネタです。

自ら海外へ遊びに行ったことがある場所といえばせいぜいグアムくらいしかない私ですが、仕事では中国へ年に何回か行きます。その他、パリ、ロンドン、ソウルへも仕事でしか行ったことがない・・って、ちょっと悲しい(-.-)
で、その中国での仕事ですが、近頃は大連へ行く機会の方が多くなってますが、一昨年までは上海中心でした。
土日を挟んで出張へ行ったときに、一日だけ上海市内を観光したのでその時の写真をご紹介。

---
【豫園】
豫園豫園でお茶豫園の詳細はタイトルをクリックしてくださいね。
日本でいう旧正月に行ったのでとにかくすごい人人人・・・。ここは中国国内の地方からもたくさんの人が訪れる場所で、上海に観光に来たらほとんどの人が必ず訪れる場所なのだそうです。しかし、橋の上にこんなにたくさんの人がいるのを見るとちょっとびびります。でも随分と丈夫みたい。

右の写真は豫園内で飲むことができるお茶。やっぱり本場のウーロン茶を飲まなきゃね縲怩チてことでウーロン茶を注文すると、お店の人が目の前でいれてくれます。手際良くお湯を器にかけてては捨て、かけては捨てを繰り返して茶器を温めます。背の高い器の方に一度お茶をいっぱいいっぱいに注ぎ、背の低い方をその上にかぶせて一気にひっくり返してそのまま上に持ち上げると、下の器に中身が移動する。ここで私たちは「おおおおお~~~」と感嘆(笑)
その後、空っぽになった長い方をくんくんと嗅いで香りを楽しみます。なんとも楽しい飲み方ですね縲怐Bこの2種類の器は同じ容量で作られているってことですね。これを見た私たちは、茶器のセットが欲しくなったのはいうまでもありません。

お土産1新年ならではのお土産お茶を注文するだけで、頼んでもいないのにこんなにたくさんのつまみ(?)がついてきます。硬い豆腐のような食べ物とチマキとオレンジ。ちなみに、オレンジは比較的どこのお店に入っても必ずといってイイほど出てきます。大抵は食べきれないから持ち帰ることが多い私たち。。
右の写真のは、新年ということで特別にお土産をいただきました。その年の干支である羊が彫られた透明の首飾り(?)でした。
しかし中国のお茶の葉って、なぜか何度お湯を入れても味や風味がなくならないんですよ。色はもちろん薄くなっていきますけど。お陰で、この飲み方をする時は激しくトイレが近くなります。利尿作用がすごいです。まじで。

旧正月の豫園楽器屋さん新年を迎えた豫園のお土産屋さんが立ち並ぶ通りの頭上にはきらびやかな大きな龍がどどーーーん。縁起モノなんでしょうね。
お土産屋さんの中には、胡弓や琵琶などを売る楽器屋さんなんかもあります。思わず欲しくなるけど、こういった観光地で買うと、何もかもがべらぼうに高い。上海市内にもこういった店はいくつもあるので、安く買いたい人はそちらで買った方がいいかも。特にお茶の葉はお店によってかなり差があるので吟味した方がいいです。あ。もちろん値段交渉もお忘れなく。

タクシー上海郊外上海市内の移動は主にタクシーを使います。が、かなり心して乗らないと恐ろしいのなんのって。まず、とにかく運転が乱暴。どの車もクラクションが鳴りっぱなしでうるさいし、何が一番怖いって、車の前やすぐ横に人が立ってる!日本人の感覚だと「うわぁ~~~ひいちゃう!!」ってな感じで足に力が入ります。あと、車と車の間隔もめちゃめちゃ狭いから「うわぁ~~~!ぶつかる~~!」慣れるまでは激しく疲れること間違いないです。あとは交通量も多くて排気ガスで空気がかなり悪いのには参ります。でも、料金は安いのでやっぱりタクシーはオススメ。基本料金は8元(約112円)。この8元でかなりの距離が走れるのは本当にお得な感じ。
右の写真は郊外の景色。上海市内から車で30分くらい郊外へ行くと昔の中国のイメージ通りの景色に。車に負けないくらいの自転車が行き交ってます。

夜の食事食事は、大人数だとやっぱりこうやって円卓を囲んでの食事になります。ホスト(招いた側)がいる場合は、黙っていても次から次へと食事が運ばれてくる。味の方は有名な上海市内のレストランやホテルで食べる分には日本人が食べても美味しい。ただ、食べ過ぎる傾向があるから1週間も出張をしてると、帰る頃には2~3キロ増えてるなんてこともザラなので自己管理しないと大変なことに・・・(⌒◇⌒;)

ただ、これだけ発展しているように見えても、やはり衛生面は日本と同じようにはいかない。食器やお箸などは紙ナフキンで拭いてから使うのは日本人にとっては常識になってます。いくらお腹が丈夫な人でも、結構大変な目に遭ってる人多いですからね縲怐B。あと怖いのはA型肝炎。生ものや生水は絶対口にしないようにしています。

風水的建築物市内を車で走っていると、こういった変わった形の建物ばかりが目に付きます。丸い物体が建物の上の方にぶら下がってたり、途中がすっぽりとくり抜かれたような形だったり。中国は風水を元にしたデザインの建物が多いからだとか。強度的に心配になるけど、地震がない国だからできるだろうな縲怐B




---
【浦東地区】
東方明珠テレビタワーグランドハイアットホテルこちらは新上海といわれる開発地区の浦東(プートン)。たった10年でこれだけの大都市を作ってしまう中国のパワーを感じざるおえない場所でもあると思います。特別目立つシンボル的なタワーはアジア1位、世界3位の高さを誇るテレビタワー。高さは463メートル。東京タワーは333メートルですから、1.5倍近いことになりますね。間近で見たら首が痛くなりました。
右の写真は、グランドハイアットホテルが入っている世界で3番目に高い超高層ビル。スケールを感じてもらおうと思ってわざとサイズの大きい写真をアップしてみました(^^; 高さは340.1メートルの88階建て。あれ?東京タワーよりでかいじゃん・・。下から見上げるとてっぺんが見えない・・・。休憩がてらお茶を飲みに行きましたけどね、これだけ高いビルだと一気に上までは行けないわけですよ。何度もエレベーターを乗り継がないといけないのは結構大変。しかしこのビルは圧巻でした。ビルの設計というかデザインにも感激しました。

【観光トンネル】
観光トンネル-1観光トンネル-2さて、ここからが更に超観光ちっく。外灘(ワイタン)地区と浦東地区を結ぶ海底トンネルで、黄浦江の下をきれいなイルミネーションの中をゴンドラのような乗り物で移動するという代物。次々と変わる幻想的なイルミネーションが面白かったけど、結構あっという間に対岸に着いちゃうのよね。料金もちょっと高め。


浦東の夜景浦東から外灘に渡って地上に出ると、この写真のような夜景を見ることができます。これはなかなかイイですよ縲怐Bこの日はちょうど満月だったらしく、左端に月がぽっかりと浮かんでいました。





---
【外灘】
夜の外灘を歩く歩行者天国(?)を走る連結バスこの辺りは対岸に見える浦東地区とは対照的で、古い建物が立ち並ぶ風景がとても情緒的。私は一番気に入っている場所でもあります。昼間より断然夜の方がいい感じです。
街を歩いていると、小型(というか細い)バスが電車のように連結して走ってます。これは観光用なのか、それとも昔からあるのかよくわからないけど・・・。

---
【おまけ】
うちの会社で借りている上海市内の外国人向けマンションをチラッとご紹介。
マンション入口マンション1






守衛さんはじめて上海に来て驚いたのがこういったマンション。特別高い家賃ってわけでもないですが安くもないというレベルのマンション(現地の一般所得層の人からすると高級ですが・・)。しかし、幾つもの棟が建ち並ぶマンションを囲むように公園があって、ひとつの街になっている感じ。診療所やレストラン、呼べば取りに来てくれるクリーニング屋さん(でも言葉は通じない)、住人専用のスポーツクラブなんかもある。きちんと守衛さんがいて、彼らは馬に乗って見回りしている(いつもじゃないけど)。ひとつひとつの棟に一人の守衛さんがいて、入口でセキュリティチェックをしてくれるのです。

マンション室内こちらはマンション室内。家具や電化製品は全部備え付けで、まるごと借りることになる。
う縲怩?B中国ってすごい勢いで発展してるぞ。。。と思う私なのでした。

---
これだけ発展し続けている中国ですが、発展しているのは湾岸地域の都市部だけでその周辺はまだまだ・・・。日本の自動車メーカーが集結している広州でも、市場へ行くと道路は生ゴミ捨て場状態。一見大都市に見える上海も、ちょっと路地裏に行くとスラム街がいっぱい残っています。日本人が利用するレストランでの食事が平均100元/1人だとすると、路地裏の屋台のような所では平均1元/1人で食べれます。
この貧富の格差と経済急成長は、他の国には見られない中国特有の経済形態になっているような気がします。バブルといわれつつもデフレ経済なんですよね。物の値段が多少は上がってますけど、まだまだ低い。賃金も、高い人は日本人並みの給料をもらってますが、多くの人は3,000元ももらっていればいい方。重要ポスト以外の社員は、賃金が上がってくると地方からやってくる低賃金で雇える人に入れ替えることが可能なんです。
幹部クラスの中国人社員は、少しでも給料がよければ別の会社にとっとと転職してしまう。

まぁ、そんなこんなで中国がこの先どのように変化していくのか興味深い今日この頃です。
関連記事

Comments

Leave a Comment


04 2024
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

03

05


 
月別アーカイブ

2022年 10月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2014年 10月 【3件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2013年 08月 【2件】
2013年 04月 【1件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【3件】
2012年 11月 【1件】
2012年 10月 【2件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【3件】
2012年 07月 【1件】
2012年 06月 【1件】
2012年 05月 【1件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【5件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【1件】
2011年 10月 【1件】
2011年 09月 【3件】
2011年 08月 【3件】
2011年 07月 【4件】
2011年 06月 【1件】
2011年 04月 【1件】
2011年 03月 【1件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【3件】
2010年 12月 【1件】
2010年 11月 【3件】
2010年 10月 【3件】
2010年 09月 【3件】
2010年 08月 【2件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【1件】
2010年 05月 【2件】
2010年 04月 【1件】
2010年 03月 【3件】
2010年 02月 【4件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【3件】
2009年 11月 【2件】
2009年 10月 【4件】
2009年 09月 【4件】
2009年 08月 【6件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【2件】
2009年 05月 【3件】
2009年 04月 【2件】
2008年 12月 【3件】
2008年 11月 【3件】
2008年 10月 【2件】
2008年 09月 【9件】
2008年 08月 【10件】
2008年 07月 【8件】
2008年 06月 【8件】
2008年 05月 【6件】
2008年 03月 【1件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【10件】
2007年 12月 【10件】
2007年 11月 【4件】
2007年 10月 【5件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【9件】
2007年 07月 【11件】
2007年 06月 【6件】
2007年 05月 【19件】
2007年 04月 【6件】
2007年 03月 【9件】
2007年 02月 【14件】
2007年 01月 【19件】
2006年 12月 【11件】
2006年 11月 【8件】
2006年 10月 【7件】
2006年 09月 【5件】
2006年 08月 【8件】
2006年 07月 【15件】
2006年 06月 【21件】
2006年 05月 【20件】
2006年 04月 【21件】
2006年 03月 【24件】
2006年 02月 【23件】
2006年 01月 【28件】
2005年 12月 【30件】
2005年 11月 【20件】
2005年 10月 【13件】
2005年 09月 【6件】
2005年 08月 【4件】
2005年 07月 【7件】
2005年 06月 【4件】
2005年 05月 【4件】
2005年 04月 【10件】
2005年 03月 【18件】
2005年 02月 【13件】
2005年 01月 【6件】
2004年 12月 【2件】
2004年 11月 【6件】
2004年 10月 【8件】
2004年 09月 【6件】
2004年 08月 【8件】
2004年 07月 【13件】

 
ブログ検索
 
カメラ&レンズ別リスト
 
カテゴリー
 
最近の記事+コメント
 
 
プロフィール

mel

Author:mel
★主に外遊びや日々の出来事を思いつきで書いてます。山登り、キャンプ、バイク、道具ネタ、カメラ&写真が中心。
★母屋/アウトドア☆パラダイス http://outdoor.paradisejp.net/
★ちなみに、書いている内容のせいかどうかわかりませんが、よく男性に間違えられますが管理人は“女”です^^;

【写真】
ネイチャー写真、山岳写真のほか、フィルムカメラや二眼、ポラロイド、トイカメラ系も少々。

【所有カメラ】
■Main Camera:Nikon D700
■Sub Camera:GXR・GRDII・LX3
■Polaroid:690SLR・One600Pro
■Toy Cameras:VQ1005・HOLGA
■Film Cameras:FE2・XA・PenD2・AUTOCODEなど
■Printer:PX-5600・Polaroid PoGo

 
Flickr
www.flickr.com
sundaymel's instagram/iphone photoset sundaymel's instagram/iphone photoset
 
Counter


現在の閲覧者数:
  • 管理者ページ
  •  
    QRコード
    QR
     
    check it out!
    川名 匡の山に遊ぶ
    TEAM KEEP LEFT
     
    Ads by Google
     

    Archive RSS Login