さんでー写真日記

写真・山登り・キャンプ・バイク・道具ネタが中心のフォトブログ。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試験受けてきました


Category: 外遊び 山遊び   Tags: ---
えっと、ここ2年ほど山に登る機会が増えてきたわけですが、そろそろ無線機を扱えるくらいにはなっておいた方がいいかな・・・と思い、先週の日曜日に高校生やおじさんたちにまじって「第4級アマチュア無線技士」の資格を取るために試験を受けてきました~^^;(正式には「無線従事者国家試験」)
別の方法で、2万円ちょっとの受講料と休日2日間の講習を受けるだけで簡単に資格を取得することができる養成過程講習というのもありますが、時間もお金も勿体無いので私は国家試験を受ける方法にチャレンジしました。。

これ、一応国家試験だそうです。私にとっては初めての国家試験。小学生でも受かるといわれている国家試験ですが、されど国家試験ですから事前の勉強は必須です。私は試験当日の1週間前からまじめに勉強をはじめました。心底本気でやりだしたのが3日前ですが・・・^^;
最初は参考書の類を購入して読んでみたのですが、無線工学の分野は邃ヲとか逓倍機とか搬送波がどうとか、トランジスタ増幅回路がどうとか、中には計算問題も・・・。もぉー???です^^;(笑)

中学や高校時代に習った言葉がいっぱい出てくるので、社会人歴ン十年の私にとってはこりゃ大変~~~という状態。しかし、この世の中には無線従事者国家試験に受かるためのとっても素晴らしい問題集があることを知り、その問題集のお陰で試験終了後には「受かっちゃったかもー♪」という感触をつかむことができました^^

ちなみに、今回私が試験を受けるまでに踏んだ手順は↓の通りになります。






1:
財団法人/日本無線協会のページから希望試験の申し込み(試験2ヶ月前の1日~20日までが受付期間)をして試験手数料(5,000円)を郵便局から送金する。

※手順の詳細はこちら

2:
試験前月の中旬くらいまでに受験票が自宅に送られてくる。
受験票には受験番号と、試験会場、試験開始時間などが記載されているのと、証明写真を貼る箇所があるので、予め確認しておく。

3:
試験1週間前からまじめに試験勉強開始。(丸暗記ともいう・・)
参考書を読むよりも、要点マスターなどの試験でそのまま出題される問題が載っている問題集を読みまくる。(名前の通り本当に要点がわかりやすく解説されているのでオススメです)

 
※試験3日前に発見したアマチュア無線試験問題というこちらのサイトは素晴らしいです!実際に出題される試験内容さながらの模擬試験もあるので、自分がどれくらい覚えたかを確認することもできますし、実際に問題集で勉強するより効率的でした。(注意:試験日直前になってくるとアクセス集中でサーバエラーが頻発します)
ただ、試験会場で直前まで勉強したい人は要点マスターなどの問題集も購入することをオススメします(^.^) でも、元々理系に強い人は、こちらのサイトで勉強するだけで受かっちゃうと思います。。

4:
試験会場で試験を受ける。
試験内容は、無線工学と法規の分野から各12問ずつ出題。合格ラインは各分野8問以上正解すること。試験時間は1時間ですが、まじめに問題集を解いて勉強した人なら10分くらいで終わってしまいます。(試験開始から30分で退出が認められる)
 
5:
会場の外では、合格後に必要な免許証を発行してもらうための申請用紙や、アマチュア無線局開局のための申請書などが販売されているので、後々のために予めここで購入しておくと手間が省けると思います。

6:
問題用紙は持ち帰ることができるので、答え合わせをやれば自分の合否がわかります。





で、この試験に合格したらすぐに無線機が自由に扱えるようになるというわけではないです。まずは無線従事者の合格通知が届いたら免許証発行の申請をし、1ヶ月ほどで無線従事者免許証が届きます。次に、免許証が届いたら実際に無線機を購入して無線局の開局申請をしなくてはいけません。更に1ヶ月ほど待つと、コールサインが記載された無線局免許状が届くので、この時点でようやく実際に無線機を使って電波を送信することができます。
(↑ここに書いた一連の流れは、試験勉強をしていれば自然に覚えます^^;)

※詳しくは↓こちらにわかりやすくまとめられているページを見つけたのでリンクしておきます^^
無線従事者免許取得から開局までの流れ

ということで、結局なんだかんだで受験申請をしてから開局までには4~5ヶ月かかるようです。

※東京だけは、8月以外の第3日曜日に事前受付なしで受けられる当日試験というのがあります。(詳しくはこちら(PDF)
この方法で試験を受けると、当日に合格発表があり、その日に免許の申請ができるそうです。都会っていいな。うらやまし~^^;


試験はマークシート方式の4択問題なので、問題集をまじめにやれば絶対に受かると思いますよ~。山をやってらっしゃる皆さんもどうですか?^^ この無線従事者免許証は一生涯有効ということなので、一度資格を取得しておけば何かと役に立つと思います。
ツーリングや山に登る時だったら情報交換にも一役買うかもしれませんし、いつ起こってもおかしくないといわれている大地震などの災害時にも役立つかもしれません。

最近は携帯電話の普及で、山で遭難した時でも随分と容易に下界と連絡取れるようにはなってきましたが、まだまだ電波が届かないところは多いですよね~。携帯の電波が届いたら届いたで、あまりに手軽に連絡が取れちゃうからか、安易に救助要請をする人たちが増えてきたという問題点も指摘されていますが・・。
これは、携帯電話にせよアマチュア無線機にせよ、使用する側の意識の問題なので別次元の話ですよね。

「遭難時に無線機を持っていたことで助かった」という話はよく耳にします。
当然、予め遭難しないように心掛けるのは当たり前ですが、自然を相手にする登山ですから自力で心底めいっぱい頑張ったけどどうにもならないということもあると思うのです。
私は、山で死ぬなんて真っ平ごめんです。大好きな山で遭難→死・・・ということだけはあってはならないと思っているので、仲間や自分が助かるための手段はできる限り用意しておくべきではないかと思っています。

しっかし、いや~もぉ、この歳になってひっさびさに受験勉強なんてやっちゃったもんだからマジで疲れました~^^;;; しかも普段使わない部分の脳みそをめちゃ使った気がします(爆) まさかアマチュア無線の資格を取ろうと思うなんて私の人生設計の中にはありませんでしたからね~。いや~、人って変わるものです(笑)
それに、そもそも無線機というものを私自身が本当に操作できるのか・・・という不安もあるし、アマチュア無線という世界は少々ディープな世界のようなので、無線機をすぐに買うかどうかは微妙ですが^^;、ひとまず試験結果が12月のはじめには自宅に届くそうなので楽しみです♪





#ちなみに、本来、非常通信のみを目的とした無線局の開局はできません。なぜなら、アマチュア無線は
「アマチュア、すなわち金銭上の利益のためでなく、もっぱら個人的な無線技術の興味によって行う自己訓練、通信及び技術的研究の業務」と定められているからです。(←これ試験に出ますよ~(笑))
非常通信に関しての詳細は↓こちらにわかりやすく解説されてますので興味のある方はどうぞ・・・
「アマチュア無線と非常通信」



【お役立ちリンク】

■↓こちらのサイトはアマチュア無線についての情報量はすごいです
アマチュア無線 7L4CWLのページ

■コストをかけずに免許を取得する場合は↓こちらから国家試験の受験申請をして取得する
(財)日本無線協会

■ちょっと費用はかかるけど確実に免許を取得したい人は↓こちらを参考に養成過程講習を受ける
(財)日本アマチュア無線振興協会(JARD)

■正直、ここで勉強するだけでも合格できます。きっと。
アマチュア無線試験問題

関連記事

Comments


おお!
これでしたか。謎の試験勉強って。
実は僕もコールサインを持っています。中学生の頃とりあえず取っただけなので実用はないんですが(^^;;;
ランクルにアンテナが似合いますね(^o^)
>大好きな山で遭難→死・・・ということだけはあってはならないと
いつも思うけどその時点で出来る準備を怠らないmelさんの姿には敬服します。
melさんについて行けば僕は無事に帰還できそうです(自爆)
早く吉報が届きますように^^
 

僕も4アマ持ってまーす。
局は無いんですけど(笑)
林道に出かけるようになったので、また無線欲しいです。
ただ、ハンディでは山向こうとこっちでは経験上ほとんど繋がりませんでした。稜線や見通しのきく面に居ればOKなんですけど、そこに無線を持っている人が居なければいけません。
例えば谷なんかだと携帯でも無線でもきついですよね。
特に最近の3Gだの次世代だのの携帯は・・・ブツブツ。
山などではムーバが一番じゃないかなあと思います。
デジカメに携帯、無線も・・・となると、予備の電池など含めると重量もそれなりになってしまうし・・・どのあたりが妥協点なのかなあと考えてしまいますね。
吉報、無事届きますように。
無線でも携帯でも電池が無ければ
 

おめでとうございます
CQCQ!
高校生くらいの時、結構欲しかったです
(当時は電話級と呼んでいたような>4級)
これから楽しみですね♪
 

あ、先越されました(^^ゞ
実は興味を持っていた昔にとっておけばよかったな~と思ってはいたのです。
#もし昔とってたら写真は子供のままでしたが(^_^;)
バイク乗りも結構使ってるので、聞くためだけに購入した無線機を持っていたりもしますし。
”完丸”買うかなぁ。。。と最近考えていたとこでした。
ところで今でも”完全丸暗記”ってありますか?
 

でっぱさん>
こんばんは~。早速のコメントありがとうございますー。
やはり、でっぱさん4アマお持ちでしたか!
今でこそユーザーが激減してるそうですが、当時は大人気だったんでしょうね?(笑)
しかもコールサインまで!ちゃんと更新してますか?(笑)
>melさんについて行けば
またそんなこと言っちゃってっ(笑)
ちゃんと冬の間もトレーニング怠っちゃダメですよっ(爆)
ししたろさん>
こんばんはー。ありがとうございます~♪
ししたろさんも4アマ!やっぱり男の子は持ってるものなんですね~(^-^)
免許を取ったはいいですけど、私の場合はその後が問題のような気がします。
誰かレクチャーしてくれないかな~^^;(笑)
ホント、山ではやっぱりまだムーバですよね。
例えば涸沢の場合、ムーバだったらヘリポート辺りなら電波が入るそうですが、FOMAは全然・・・。
私も色々ハンディ機の情報を調べてみたのですが、無線の電波もなかなか厳しいようですね。
バッテリーの問題も色々あるようですし。。。
小さくなる外部アンテナとカメラの三脚を使って簡易的に無線アンテナを設置する方法などもあるようなので
緊急用に勉強しておこうかと思ってますが、如何せん無線工学はサッパリ苦手なので敷居が高いですぅ。( ̄~ ̄;??
きしやんさん>
こんばんはー。ありがとうございます~♪
まだ正式な合否はわかりませんけど、自己採点では1問ミスったっぽいですが、多分大丈夫かと・・^^;
へー。電話級っていうんですね(笑)
やっぱり、男の子は一度は興味が沸く分野なんですね!(^^
今回の試験では中学生か高校生くらいの女の子も受験してました。
でも、大半が男子とおじさんでしたが(笑)
iceさん>
iceさん、こんばんはー。
わー!iceさんも4アマを受けられるのですねー♪
来月の臨時試験にチャレンジというのも良さそうですね^^
そうですそうです。無線機は受信だけでも使えそうですよね。
ラジオやテレビの受信感度なども興味シンシンです。
今持ってるソニーの携帯ラジオよりも感度がよければいいな・・とか。
完マルありますよ~。書店で見ました。
私の場合、完マルは3級4級が1冊になった問題集だったので
4級だけがみっちり載ってる要点マスターを選びました。
それに、要点が赤色で色分けもされててとても見やすかったです(^^)
 

アマ無クラブって言う部活が昔ありました。
そうなんですか…ディープな世界!でも山は危険と
背中合わせなので、何でも(資格も)あった方が安心だと
思います(親父より)
普段使わない脳みそを使うと、滅茶苦茶疲労しますね(笑)
と、ところでMINIPOLOにいちゃん、大変身(爆)。
 

あーーー!chichiの母さん、お返事遅くなってすみません~~m(__)m
コメントありがとうございます!
親父・・・(爆)
そういえば以前の高校などにはアマチュア無線の部活とかありましたね~。記憶が蘇ってまいりました!
今ってもぉあまりないのでしょうかね~。
MINIPOLOにいちゃんにはまだお会いしてないからわからないですけど、結構なイメチェンなんでしょうね?^^
私、今年はメガネとサングラスを合わせて3つも買っちゃいました♪
気分転換にメガネは良いアイテムですね!
 
アマチュア無線技士
PING:
BLOG NAME
「アマチュア無線技士」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜ...
 

Leave a Comment


04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

03

05


 
月別アーカイブ

2015年 10月 【1件】
2014年 10月 【3件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2013年 08月 【2件】
2013年 04月 【1件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【3件】
2012年 11月 【1件】
2012年 10月 【2件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【3件】
2012年 07月 【1件】
2012年 06月 【1件】
2012年 05月 【1件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【5件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【1件】
2011年 10月 【1件】
2011年 09月 【3件】
2011年 08月 【3件】
2011年 07月 【4件】
2011年 06月 【1件】
2011年 04月 【1件】
2011年 03月 【1件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【3件】
2010年 12月 【1件】
2010年 11月 【3件】
2010年 10月 【3件】
2010年 09月 【3件】
2010年 08月 【2件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【1件】
2010年 05月 【2件】
2010年 04月 【1件】
2010年 03月 【3件】
2010年 02月 【4件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【3件】
2009年 11月 【2件】
2009年 10月 【4件】
2009年 09月 【4件】
2009年 08月 【6件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【2件】
2009年 05月 【3件】
2009年 04月 【2件】
2008年 12月 【3件】
2008年 11月 【3件】
2008年 10月 【2件】
2008年 09月 【9件】
2008年 08月 【10件】
2008年 07月 【8件】
2008年 06月 【8件】
2008年 05月 【6件】
2008年 03月 【1件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【10件】
2007年 12月 【10件】
2007年 11月 【4件】
2007年 10月 【5件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【9件】
2007年 07月 【11件】
2007年 06月 【6件】
2007年 05月 【19件】
2007年 04月 【6件】
2007年 03月 【9件】
2007年 02月 【14件】
2007年 01月 【19件】
2006年 12月 【11件】
2006年 11月 【8件】
2006年 10月 【7件】
2006年 09月 【5件】
2006年 08月 【8件】
2006年 07月 【15件】
2006年 06月 【21件】
2006年 05月 【20件】
2006年 04月 【21件】
2006年 03月 【24件】
2006年 02月 【23件】
2006年 01月 【28件】
2005年 12月 【30件】
2005年 11月 【20件】
2005年 10月 【13件】
2005年 09月 【6件】
2005年 08月 【4件】
2005年 07月 【7件】
2005年 06月 【4件】
2005年 05月 【4件】
2005年 04月 【10件】
2005年 03月 【18件】
2005年 02月 【13件】
2005年 01月 【6件】
2004年 12月 【2件】
2004年 11月 【6件】
2004年 10月 【8件】
2004年 09月 【6件】
2004年 08月 【8件】
2004年 07月 【13件】

 
ブログ検索
 
カメラ&レンズ別リスト
 
カテゴリー
 
最近の記事+コメント
 
 
 
プロフィール

mel

Author:mel
★主に外遊びや日々の出来事を思いつきで書いてます。山登り、キャンプ、バイク、道具ネタ、カメラ&写真が中心。
★母屋/アウトドア☆パラダイス http://outdoor.paradisejp.net/
★ちなみに、書いている内容のせいかどうかわかりませんが、よく男性に間違えられますが管理人は“女”です^^;

【写真】
ネイチャー写真、山岳写真のほか、フィルムカメラや二眼、ポラロイド、トイカメラ系も少々。

【所有カメラ】
■Main Camera:Nikon D700
■Sub Camera:GXR・GRDII・LX3
■Polaroid:690SLR・One600Pro
■Toy Cameras:VQ1005・HOLGA
■Film Cameras:FE2・XA・PenD2・AUTOCODEなど
■Printer:PX-5600・Polaroid PoGo

 
PHOTO GALLERY
 
Flickr
www.flickr.com
sundaymel's instagram/iphone photoset sundaymel's instagram/iphone photoset
 
Weathernews
 
Counter




  • 管理者ページ
  •  
    QRコード
    QR
     
    check it out!
    ポラロイド愛好者たちによる、ポラロイドフィルムの存続を願うサイト。対象フィルム:600高感度フィルム(T-600)

    自然を愛する写真家
    川名 匡の山に遊ぶ
    TEAM KEEP LEFT
     
    Ads by Google
     

    Archive RSS Login

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。